セクハラが同性(男性同士・女性同士)で行われる場合

セクハラが同性(男性同士・女性同士)で行われる場合

セクシャルハラスメントといわれると男性から女性に行われる性的な嫌がらせというイメージが強いものです。しかし実際には異性に限らず同性からの言動がセクハラに該当することもあります。これは性別に関係なくどんな男女の組み合わせであっても同じです。たとえば女性グループの会話の中で断っているのにしつこく彼氏や旦那との性生活について聞かれてしまう、女同士なんだから気にしないでいいじゃないと強要されてしまう、更衣室で身体をジロジロ見られてしまう、触られる、太った、痩せたなどの発言なども該当します。

 

同性からのこのようないやがらせは、そこまで気にすることなのかと言われてしまうこともあります。確かに同じ言動でも人によって受け取り方は違いますから、グループ内で自分だけ嫌な気分をしているとなるとなかなか言い出すことができません。改正された男女雇用均等法では同性間の言動も職場のセクハラに該当すると盛り込まれています。そのため事業主は女同士はもちろん男同士であっても、被害があると分かればしっかりと対処する義務があります。

 

男性が男性に性的なからかいをすることや噂話をすることもセクハラになります。具体例をあげますと性器のサイズや自慰の頻度に関する質問などがあります。このような会話が日常的に行われており、不快に感じる場合は一度事業者側に相談をしてみてください。万が一誠実な対応をしてくれない場合は、労働局また別の第三者に話をしてどのように対処をすればいいのかアドバイスを受けてみてください。

 

⇒セクハラ被害に関する無料相談・見積もり依頼窓口