セクハラを和解する示談金や契約書・内容証明

セクハラを和解する示談金や契約書・内容証明について

セクシャルハラスメントが原因の精神的損害を受けた場合は慰謝料を請求することができます。賠償金は裁判や調停をしないと貰えないのかというとそうではなく、個人間で話し合いのうえ示談をする方もいます。セクハラを不法行為として成立させるには、自分の権利や利益が侵害され、そして損害を受けたことを立証しなくてはいけませんから、解決を考えている方はまず証拠収集から始めてみてください。

 

相手が不法な行為を認め話し合いに応じる場合は示談や和解がスムーズに成立しますが、中にはなかなか話し合いに応じないこともあります。そのような場合はまず内容証明などを送付し相手にこちらが本気であることを示すことが効果的です。個人で話し合いをするときには示談書を作成し、二度とこのようなことがないようにしっかりと取り決めをしなくてはいけません。内容については誰が誰に対し、どのような行為したか、そしてそのことが原因でどんな損害を受けてしまったのかはっきりと分かるように、そしてそれに対する賠償内容なども記載します。

 

示談金を受け取ることでセクハラ問題は決着することになりますから、やっぱり少なかったと後から和解金を追加で請求することはできません。またあなたがセクハラしたことをばらされたくないならお金を支払うようにと相手を脅してしまうと、それは脅迫になってしまうため注意をしてください。示談は強要せずあくまで合意のもと行われるのが基本になりますから、たとえば無理やり誓約書にサインをさせると無効になるため注意してください。一人で何もかも対処することは大変ですから、相手と話し合いの場を設けたい場合は知識のある第三者に相談をしてくださいね。

 

⇒セクハラ調査で選ばれる興信所・探偵事務所一覧