セクハラ処罰で解雇や異動となる会社の就業規則や予防法

セクハラ処罰で解雇や異動となる会社の就業規則や予防法

職場で起こるセクシャルハラスメントに悩んでいませんか。男女で職務内容が区別されていたり、性的な言動が原因で仕事がしにくいと感じる状況になっていませんか。直接的に業務に関係のない取引先への接待を強制参加させられる、お茶出しや掃除、クレーム対応などを女性だからという理由でさせられる、男性(女性)社員ばかりの飲み会に強引に参加をさせられてしまうなどは環境型セクハラとなります。

 

次に性的な言動に対し迷惑だから止めて欲しいと伝えることで、不利な部署への異同や解雇、降格、減給などがあることを対価型セクハラといいます。たとえば男女関係を断るとクビにするぞと言われてしまった、出張するときに異性の上司と同室になることを断るとそれなら帰れと言われてしまったということなどが該当します。これは特にアルバイトや派遣、正社員、上司、同僚、部下に問わずのようなことがあればセクハラとして処罰を求めることができます。

 

懲戒処分や懲戒解雇など加害者をどのように対処してくれるかはその会社の就業規則によって違いがあります。対応マニュアルやコンプライアンス規定があるような企業では、両者に聞き取りを行うなどしっかり調査してくれますが、社内規則があってもよく理解されていない会社ですと自分で予防しているのに助けてくれない、会社側に自己責任だと言われてしまう事例があるのも事実で、こうなると辞めたいと思ってしまうのも無理はありません。しかしせっかく就いた仕事を失うのは残念ですし、泣き寝入りするのはとても悔しいですよね。退職を考えている方は何か解決方法がないか、一度社外の第三者にも相談してみることをおすすめします。

 

⇒セクハラ調査で選ばれる興信所・探偵事務所一覧