セクハラ冤罪(でっち上げ)や理不尽な誤解による名誉毀損

セクハラ冤罪(でっち上げ)や理不尽な誤解による名誉毀損

セクシャルハラスメントはときに理不尽な理由からでっち上げによる冤罪が起きています。たとえばある職場では特定の男性の同僚が嫌いだから仕事を辞めさせたいと、セクハラがあったと嘘をつき加害者として仕立てあげているということがありました。抱きついてきた、身体と触ったとウソをつかれてしまったという相談では誰も信じてくれる人がおらず、女性の言い分ばかりが通ってしまったという経験をした方がたくさんいます。女性側が被害を立証できなければ、慰謝料請求されてしまうということはまずありませんが、会社に居づらくなり自己退職してしまう方は多いです。

 

この他ですと特定の女性に好意を持って接したり、性的ないやがらせをしたつもりではないのにセクハラだと誤解されてしまったという方もいます。冤罪の相談事例ではメールアドレスを知っている同僚女性が怪我で休職したときに、お見舞いのメールを送ったところ迷惑だったと上司に相談されてしまっていたという人もいます。社内のセクハラは改正男女雇用機会均等法において定義されているものの、実際には受ける側の主観によって精神的苦痛があったのかということにかなり違いがあります。同じ言動をしたとしても女性によって受け取られ方が違うため思わぬことがきっかけで加害者になってしまうのです。

 

あまりにも常識を逸脱して騒ぎ立てる場合は法的手段で対処する方もいます。冤罪については少しでも早く第三者に相談をして、冷静に対処することがとても重要になっています。相手女性がセクハラを受けたと大人数の前で発言したり、また悪口や噂話をする場合は名誉毀損や侮辱で告訴することもできるので考えてみてください。

 

⇒セクハラ調査で選ばれる興信所・探偵事務所一覧