セクハラをやめさせる撃退・対処法なら電話での無料相談窓口

セクハラによるトラウマや悩み・ストレスから起こる病気

異性の言動が何となく嫌だと感じたときに、それをセクシャルハラスメントとして受け取るかどうかは人によって違いがあります。たとえば同じことを言われても、強く不快だと感じる人もいれば気にしないという人もいます。強くストレスを感じ続けることでその人に会うのが怖い、会社に行くのが怖い、別のところで仕事をしても同じ経験をしたらどうしようとトラウマになってしまうことも多いです。

 

セクハラは基本的に強い立場にある人が自分よりも立場の弱い人に行うことが多いです。社会生活においてこのような上下関係はどこにでもあることです。そのため一度トラウマを抱えてしまうとどこへ行っても不安な気持ちで過ごすことになってしまい、長く同じ職場にいるのが怖いと感じてしまうことになります。中には悪質なセクハラ行為のせいでPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症し日常生活に影響が出てしまう方もいます。ストレスからうつや胃潰瘍などの病気になってしまう方はかなり多いですね。

 

セクハラにより精神的、肉体的苦痛を受け損害があった場合は加害者に慰謝料を請求することができます。実際に心身に不調を起こし、退職を余儀なくされてしまったケースでは加害者側に約100万円の支払い判決が下されています。心の傷はお金で解決できるものではありませんが、休職中の生活費、また体調不良の通院費などをすべて自己負担するのはなかなか大変です。少しでも悩みを解消したい、また泣き寝入りをしたくないという気持ちがある方は一度第三者に相談をして対処法を考えてみてはいかがでしょうか。トラウマ解消には相手に制裁を与えることも効果的です。

 

⇒セクハラ被害に関する無料相談・見積もり依頼窓口